読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SmileMoheji’s diary

東京で暮らす39歳男性が赤裸々に語るブログです。メーカー勤務15年目(転職2回)、年収550万円、昨年結婚子供無し。そして1,400万円あった貯蓄を10日で失いました。幸せな中産階級で育ってきた人生が一瞬にして変貌を遂げる。不惑を前に、迷って戸惑ってばかりの日々を綴ります。


貯金無し。でも、絶対リベンジしてやる!

月曜日が終わろうとしています。
そして、やっと今年に入って相場を見ていない日ができました(笑)。
なので、今日の値動きは知りません(笑)。
明日の日経新聞で目に入ってきてしまうでしょうが。
正直、まだショックからは抜け出せていないので、
上昇していたら、やはり続けていたら良かったと、
下がっていたら、今がチャンスなんじゃないかと、
どちらに進んでも心がざわついてしまうのですが。。。


でも、相場を見ないでいられたということは、これは新しい一歩かも。
いつかはリベンジしたいのですが、それは今ではないんだろうと思っています。
やろうにも自己資金が無い(笑)。
その自己資金を得るためにも、
相場にかじりついていた時間を、きちんと収益になる有益なものに割り振りたいです。
現職で現状以上の収入増が期待出来ない以上、何とかして収入をあげる副業を見出さなければ。


始業の定時は9時で変わりはないのですが、
終業は不規則なため、夜の居酒屋とかは難しそうです。
早朝の新聞配達なら毎朝3時間で10万円になるようです。
これだと、年収が120万円増やせるので、選択肢にはなっています。
ただ、朝3時勤務だと、納期前の終電帰りの時には、ほとんど寝る時間が無くなってしまう。。。
あんまり現実的ではないんだろうな。。


とりあえず、支出は徹底的に見直し。
4月に引っ越しも決定しました。
駅から徒歩5分は同じなのですが、最寄り駅まで、
都心のターミナル駅から5分⇒35分になります(゚Д゚;)
まぁ、仕方ないかな。。。
将来の貯蓄のためと妻を説得しました(笑)。
20万→11万に家賃は半減します。
20万の内訳は、私15万、妻5万でしたが、
11万の内訳は、私11万、妻0万となるので、
結局は私は15万⇒11万と4万円の節約しか出来ていないのですが。。。
でも、このおかげで年間50万も貯蓄が可能です。
これから節約を重ねて、年末には何とか100万円貯めるのが目標です。
今年の4月の時点で、貯金が全てゼロ円になるのが確定しているので、
9ヶ月で100万はハードルが高いのですが。
少なくとも、相場にリベンジするのはそれからかなと思っています。


私のような大損害で撤退した素人に、
再度相場をやるチャンスをくれようとしてくれる人(つまりは資金提供すると言う人)が居るのに驚きます。
下記のコメントの方以外にも、直接メールで提供を申し出てくれた人がもう1人居ました。
今回、ブログをはじめて思ったのですが、世の中には本当に色んな人が居るなということです。
いま、自分がブログを開始して2週間ですが、のべ13万人、1日だけ2万5千人になりましたが、
ここ数日は毎日7千人で落ち着いています。
これだけ多くの人が見てくれると、奇特な方も現れるのだなと他人事のように感心してしまいました。
期待して頂いて申し訳ないのですが、借金をしてまで相場をやれるかと言うと、
今の自分にはそんな勇気がありません。
相場で借金を作ってしまった人のブログを拝見していると、
まだ自分は良かったのかなと思うこともあります。
なんとか、自力でお金を貯めてまた戦える日がくると良いなと思っています。


他の人のブログと言えば、ブログランキングを見ていて、こんなのを発見しました。

枢軸国フィンランドの敗戦から伝えたいこと」
http://www.yutorism.jp/entry/2015/08/12/022016

f:id:SmileMoheji:20160118214201p:plain

フィンランドについての話なのですが、
戦中の歴史について詳しく書かれていました。

今まで、なぜフィンランド枢軸国なのかなとは思っていましたが、
その経緯が分かりやすくて納得できました。

そして、そのブログに紹介されていたのが下記の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=Edvax8F-oGY

最初、9分の動画かと思ってみたら、4作もあって、
合計40分近くの作品でした。
少しだけのつもりが、引き込まれてしまい、結局すべて観てしまいました(笑)。
中途半端なドキュメンタリーよりよっぽど面白かったです。

フィンランドという遠い国の存在が、急に身近になりました。
いつか行ってみたいなと思います。

今まで人のブログも読んだことが無かったし、
youtubeは音楽を聴くためにしか使ってなかったのですが、
世の中本当に凄い人たちがいるもんだなと今さらながら感心させられています。
皆さんも、これぞというブログがあったら教えてくださいね。