読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SmileMoheji’s diary

東京で暮らす39歳男性が赤裸々に語るブログです。メーカー勤務15年目(転職2回)、年収550万円、昨年結婚子供無し。そして1,400万円あった貯蓄を10日で失いました。幸せな中産階級で育ってきた人生が一瞬にして変貌を遂げる。不惑を前に、迷って戸惑ってばかりの日々を綴ります。


絶望からの這い上がり方とは

日経は、なんと、まだまだ上がっている…。

やっぱり悔しい(>_<)

あのとき、追証をしのいでおけばというのが悔やまれてならない。。。

いまなら380万円プラスだったのに。。。

あと1日、全力勝負がずれていたら、今ごろは…。

残念っす。

潔く負けを認めるしかありません。

 

結果は、ものの見事に砕け散りました。。。

まだショックを引きずっているので、収支結果をここに掲載するのは、

その傷が癒えてからにしたいです。。。

チラッとは見たんですけどね、見た瞬間、どーーーんと気分が落ち込んでしまいました。

なので、精神的に開き直れるようになってから、この現実に向き合いたいと思います。

いまはまだ、その傷を直視できない・・・

 

今回も、損失がどんどん拡大していき、1日で100万以上も損失を拡大させてしまいました。年初と同じく、頭にぶわーっと血が上っていき、その後頭を振り回されたようなクラクラしためまいを覚えました。まさに、絶望的な気分。。。世の中が全て終わったような感触を味わいました。。。自分が頑張ってきたこの10か月の成果を失ってしまいました。。。

 

ただ、そこからの反転は早かったような気がします。年初に1,500万失った際は、

2か月くらい落ち込んでいました。それが、今では立ち直りつつあります。

今回は損害額も大きくないからなのかもしれません。ただ、それ以上に、「絶望からの這い上がり方」を知ったからというのが大きいような気がしています。

この件は、自分がどうやって精神的に持ち直したか、そしてどのように行動に移して、

なぜ再チャレンジ(再度相場で勝負しただけですが笑)できるまでになったかといことをこのブログにも書きたいなと思います。

 

凄い大げさかもしれませんが、ここでの踏ん張りは、いま絶望の淵に居る人に、ほんの少しかもしれないですが、希望を与えられると思います。当時は、一瞬ですが、死んだら楽だなと思ったりしましたから。辛い時は、楽な方に流れがちなんですよね。その誘惑は本当に魅力的でした。

 

あのときは、気力を失って楽な方に流れるか、やけっぱちになるしか、気を紛らわす手段が思いつきませんでした。何をやっても辛いし、楽しくないし、苛立ってしまう。そんな経験は人生で初めてでした。自分には、これが絶望なんだなーと客観視することが出来たことがまだ救いでしたが、それでも本当に辛い日々でした。そして、自分が選んだのは、やけっぱちになること。新婚の嫁さんをほったらかして(というか顔も会わせたくなかった)、日中から飲んだくれて、音楽をイヤホンで大音量で聴いたりしていました。

 

映画帰り、時間をかけて家路につきながら聴いていた曲は、自分が最も輝いていた青春時代の音楽ばかりでした。どういうわけか、最近の曲は、全然胸に響いてきませんでした。高校時代、大学時代に良く聴いていた曲を大音量で聴きながら、青春時代の自分に申し訳なさを感じていました。そして、その時に、大学の先生が口癖のように言っていた言葉を思い出しました。

 

「辛い時こそ、笑え」。辛い時だからこそ、笑い、笑わせることで、絶望から這い上がっていくのだという言葉をふと思い出しました。楽しいから笑うのではない。笑っているから楽しくなる。というようなことも言っていたような気がします。大学時代の勉強なんて(もともと大してしていないけれど)、人生の何の役にもたっていないと思っていましたが、ここにきて先生のセリフに救われたような気がしています。

 

笑うように意識するようになって、やっと前を向けるようになりました。そこから、覚悟を決めて副業探しを始めることで、自分の2016年は大きく前進することになります。

副業の件は、また詳しく書いていきたいと思います。

 

結局、また一からやり直しになってしまった。ここから前を向くのはエネルギーがいるのだけれど、もう一度、頑張ろうと思えるように、今は笑うことから始めたいと思います。そして、どこかでやけっぱちになって、また這い上がってやろうと思います。

 

さて、今回は、どんなやけっぱちをしてやろうかな。そう思うと、少し楽しくなってきた。自分でも書いていて驚きですが、やけっぱちを楽しもうと思えるなんて。こうして文字で考えを整理していなければ、こんなこと思ってもみなかったんだろうな。

 

最近、文章を書く機会がめっきり減ってしまったが、ブログの効用はこんなところにあるんだと、ハッとさせられました。仕事が忙しかったり、今日みたいに落ち込んでいる日は面倒になって書きたくなくなるけれど、毎日書くことって大事なんだな。これからも続けられるように頑張ろうと思います。

 

と、脈絡もなく書いてしまいました。読みづらくてすみません。。。

そして、メッセージのメールやコメントを下さる方は、本当に有難うございます。いつも励みになっています。引き続き、宜しくお願いします。